標準体重と美容体重

ダイエットでは、「あと○kg痩せたい」「○kgまで落としたい」など、目標を決めてから取り組む人がほとんどですが、目指す体重は人によって異なります。

年齢や性別、体格の違いはもちろんですが、目安となる体重も「標準体重」と「美容体重」では大きな違いがあるため、まずは自分がどちらの体重を目指すのかを明確にすることが大切です。

では、標準体重と美容体重にはどのような違いがあるのでしょうか?

標準体重と美容体重の違い

標準体重と美容体重は求める計算式が異なるので、それぞれの特徴をよく理解してから目標を設定するようにしましょう。

標準体重の求め方

標準体重とは、統計的に最も健康的に生活ができると認められた体重のことです。

ここで言う「健康的」とは、死亡率や罹患率が低いことを指しており、具体的には高血圧や高脂血症、肝障害、糖尿病などにかかりにくい傾向を示しています。

標準体重の求め方は複数存在していますが、日本を含む世界各国で広く採用されているのがBMI(body mass index)法です。

標準体重は身長(m)の2乗×22で求めることができ、たとえば身長160cmの方の場合、1.60×1.60×22=56.32kgが標準体重となります。

逆にBMI指数を求めたい時は現在の身長・体重から逆算することになり、たとえば身長160cm、体重60kgの方の場合は60kg÷(1.60m×1.60m)=23.4が現在のBMI指数となります。

なお、BMIの計算式は世界共通ですが、肥満の判定基準は国によって異なっており、日本肥満学会の肥満基準ではBMI指数が18.5以上25未満までが普通体重とされており、その中間指数である22が最も健康的な標準体重と位置づけられています。

そのため、健康な体を維持することや、元気に長生きすることが目的という方は、BMI方式で理想の体重を計算し、BMI指数22を目指してダイエットすることをおすすめします。

美容体重

美容体重とは、健康より見た目の美しさを重視した時に目安となる体重のことです。

BMI方式で算出された標準体重はあくまで健康を重視したものなので、「標準」であるBMI22でも、ややぽっちゃり気味の体重となってしまいます。

特に日本は世界各国に比べてスマートな体型へのあこがれが強いため、多くの女性は標準体重よりも美容体重を目指す傾向にあります。

美容体重の求め方はBMI方式とほぼ同じですが、BMI方式では身長の2乗に22をかけるのに対し、美容体重では20をかけて数値を割り出します。

たとえば身長160cmの方の場合、1.60m×1.60m×20=51.2kgとなり、標準体重に比べるとなんと5.12kgも少ない数値となります。

ちなみに、ダイエットではBMI22までは比較的楽に落ちていきますが、BMI22に達すると体重の落ち幅が小さくなるため、美容体重まで体重を減らすのは簡単なことではありません。

そのため、見た目にこだわらない方は標準体重を目標にした方が無難ですが、メリハリのある美しいボディラインを目指したい方は、カロリーコントロールや適度な運動を組み合わせ、美容体重を目標としたダイエットに挑戦してみましょう。

このページに関連するページ

基礎知識

このページの先頭へ