EMSダイエットで簡単引き締め

EMSとはElectrical Muscle Stimulationの略称で、日本語に直訳すると「電気的筋肉刺激」という意味です。

刺激を受けると収縮するという筋肉の性質を応用し、体内に電気を流すことで強制的に筋肉運動を促すことができます。

電流そのものは1~1000Hz程度と微弱なので、体に痛みを感じることはほとんどなく、体や肌に負担をかけずに手軽に筋力アップできるところが大きな魅力となっています。

もともとはエステサロンなど専門的な施設で行われていたダイエット方法ですが、近年は家庭で手軽に使えるコンパクトサイズのEMSマシンが開発されたことにより、自宅でも簡単に筋力アップすることが可能となっています。

なお、EMSマシンとひと言にいっても、その種類はさまざまで、ウエストなどに巻き付けて使うベルトタイプのほか、気になる部分に貼り付けて利用するパッドタイプ、細かい部分にも使える手袋型のグローブタイプなど、多種多様な形状が存在します。

EMSダイエットの効果

EMSダイエットは装着するだけという手軽さながら、複数のダイエット効果を実感することができます。

インナーマッスルを鍛えられる

腹筋、背筋といった一般的な筋トレは体の外を覆う表層筋肉(アウターマッスル)しか使わないので、脂肪燃焼に役立つインナーマッスルを鍛えることができません。

その点、EMSマシンは体内に電流を与えて直接筋肉を刺激することができるので、通常あまり使わないインナーマッスルをダイレクトに鍛えることができます。

インナーマッスルを鍛えると体温が上昇して基礎代謝が上がり、脂肪の燃焼率もぐんとアップします。

気になる部分を引き締められる

一般的なトレーニングでは、お腹やおしり、太もも、二の腕など気になる部分をまんべんなく鍛え上げるのは難しく、かなりの手間と時間がかかってしまいます。

一方、EMSマシンは装着する部分を変えるだけで気になる部位を次々と鍛えることができるので、たるんだ二の腕やウエストもしっかり引き締めることができます。

寝ているだけなのにカロリー消費

EMSは装着しているだけで強制的に筋肉が活動する仕組みになっているので、たとえ寝ている状態でも関節的に運動していることになります。

そのため、筋力アップと同時にカロリーも消費され、より効率よくダイエットすることが可能です。

EMSダイエットってどんな方法?

EMSダイエットの方法は使用するEMSマシンの種類によって異なりますが、基本的な使い方はほとんど同じです。

たとえば最もオーソドックスなベルトタイプの場合、ウエストや太ももなどにベルトを巻き付けて装着したら、あとは本体の電源を入れるだけ。

ほとんどの商品では本体にプログラムが内蔵されており、電流の強弱を調整したり、時間を設定したりすることができます。

あとはマシンを装着したまま、座ったり寝転んだりしていればOK。

自分では特に何もする必要がないので、トレーニング中はテレビを見たり、雑誌を読んだり、パソコンでネットサーフィンを楽しむなど、リラックスして過ごすことができます。

まとめ・考察

EMSマシンの最大の特徴は、何もせず、簡単に筋肉を鍛えられるところです。

通常の筋トレのようにつらい運動をする必要はまったくなく、マシンを装着したらあとは寝転んでいてもOKなので、まさにながらダイエットの決定版と言えます。

時間も1日5分程度からと手軽なので、忙しい方でもすき間時間を見つけてダイエットできるところがうれしいポイントとなっています。

ただ、家庭用のEMSマシンは業務用に比べて威力が低いため、マシン単体だけで鍛えられる筋力には限度があります。

中には強度の高いEMSマシンもありますが、そのぶん肌や体に対する負担も大きくなるため、一長一短と言えるでしょう。

また、本体価格が高価なところもデメリットのひとつ。値段はピンキリですが、安いものでも3万円前後、高いものになると20万円以上もすることから、ある程度まとまった初期費用が必要となります。

このページの関連ページ

簡単筋力アップ

このページの先頭へ