骨盤のゆがみチェック方法

骨盤は比較的大きな組織ですが、悪姿勢を続けたり、妊娠・出産などを経験したりすると簡単にゆがんだり、ずれたりしてしまうデリケートな性質を持っています。

しかし、自分の骨盤がゆがんでいるかどうかはぱっと見ただけでは判断できないため、骨盤のゆがみやズレに気づかないまま生活している方は決して少なくありません。

ただ、骨盤がゆがんでいる状態だと、ダイエットしてもなかなか痩せなかったり、上半身は痩せているのに下半身が太いなど、体型がアンバランスになったりするので、心当たりのある方は一度骨盤のゆがみをセルフチェックしてみることをおすすめします。

骨盤のゆがみをセルフチェック

骨盤がどのようにゆがんでいるかは整体院やカイロなどに行けばよりくわしくチェックしてもらえますが、自宅でも簡単にセルフチェックすることができます。

骨盤の開き具合をチェックする方法

仰向けになり、両足を体の中心に合わせて閉じたら、体を楽にして足先が自然に開くようにします。

このとき、つま先とかかとが等間隔に開き、Vの字になっていればOK。逆にどちらかの足が大きく開いていたり、つま先が内側を向いたりしている場合は、骨盤にゆがみが生じているおそれがあります。

たとえば右足が倒れすぎている場合は右の股関節がずれている可能性大です。

骨盤のねじれをチェックする方法

仰向けになり、両足を腰幅に開いたら、左右の骨盤の最も高い部分(出っ張り部分)から床までの高さをそれぞれチェックします。このとき、親指を骨盤に、中指を床につけると簡単にはかることができます。

正常な骨盤では両方の高さはほぼ均等になりますが、左右の高さに違いがある場合は骨盤がどちらか片方にねじれている可能性があります。

たとえば右側の骨盤の方が高い場合、骨盤が左側にねじれているおそれがあります。

左右の傾きをチェックする方法

床に正座したら背筋を伸ばし、左右の肋骨の下に親指を、骨盤の上に中指をあて、それぞれの高さをはかって比べます。

高さに差がある場合、長い方に骨盤が傾いている可能性があります。

前後の傾きをチェックする方法

壁に後頭部、おしり、かかとがつくようにまっすぐ立ちます。

このとき、背中のすき間に縦または横にしたこぶしがすっぽり入ってしまう場合は、骨盤が前傾になっている可能性があります。

逆に、背中と壁のすき間が手のひらよりも狭い場合、骨盤が後傾しすぎているおそれがあります。

このページの先頭へ