呼吸法ダイエット

呼吸法ダイエットとは、息を吸って吐くだけでダイエット効果が得られる究極の簡単ダイエットです。

私たちは普段、無意識に呼吸をしていますが、息の吸い方、吐き方を少し意識するだけで、ぽっこりお腹の解消や脂肪の燃焼、血行促進などさまざまなダイエット効果を実感することができます。

単純なダイエット方法もさることながら、エクササイズを行う時間も1日数分からと短いものが多く、忙しい方でも無理なく続けていけるところが人気を集めています。

また、ダイエット法によってはテレビを見ながら、デスクワークをしながらなど、いわゆる「ながらダイエット」ができるので、すき間時間を見つけてできるところも魅力のひとつとなっています。

呼吸法ダイエットの効果

呼吸法ダイエットの特徴は、呼吸を意識するだけで、3つの効果を実感できるところです。

脂肪燃焼率がアップ

呼吸法ダイエットを取り入れると、深層にあるインナーマッスルを鍛えることができるため、全身の筋力がアップします。

さらに、深く呼吸することでより大量の酸素を取り込めるようになり、脂肪が燃焼しやすい体を作ることができます。

冷え・むくみの改善

多くの酸素を取り入れると、新陳代謝が活発になって血液の流れが良くなり、体温が上昇します。

すると、末端組織の冷えが改善され、手足のむくみをすっきり解消することができます。

さらに、冷え症状が緩和すると腸機能が活発になり、デトックス効果が高まって老廃物や余分な水分を排出できるようになります。

ウエストの引き締め効果

腹式呼吸では腹筋を使用するため、呼吸するたびに筋肉を鍛えられるようになります。

特に下腹がぽっこり出ている方には効果絶大で、たるんだおなかを引き締めて理想的なくびれを作り出します。

呼吸法ダイエットってどんな方法?

呼吸法ダイエットと言っても、その種類は非常に多く、さまざまなやり方があります。

ここでは、呼吸法ダイエットの中でも特に人気の高い方法をいくつかピックアップして紹介します。

ロングブレスダイエット

俳優の美木良介さんが開発した呼吸法ダイエットです。

3秒かけて息を吸った後、7秒かけて長く息を吐くだけの簡単ダイエット法で、インナーマッスルを効率よく鍛えて代謝力の大幅アップを目指します。

もとは腰痛改善のために生み出されたエクササイズ方法ですが、美木さんはロングブレスダイエットで腰痛を克服できた上にわずか1ヶ月半で13.5kgのダイエットに成功し、体脂肪も25%から6.6%まで激落ちしたと証言しています。

具体的な方法としては、まず脚をクロスさせて立ち、おしりに力を入れてくぼみを作ります。

後ろ脚に体重の9割を乗せてから、3秒かけて息を吸い、7秒かけて吐き出します。

ポイントは、息を吐く時に全身の筋肉に力を入れること。これを6回1セットとして朝晩2回ずつ、毎日繰り返せば1日2分という手軽さながら、引き締まったボディが手に入ります。

深呼吸ダイエット

深く息を吸って吐く深呼吸を繰り返して脂肪の燃焼を促すダイエット方法です。

呼吸は仰向けあるいは椅子にすわって行い、両手の親指と人差し指で三角形を作ったら、お腹の上に置きます。

このとき、親指はへその上に置き、お腹が上下するのを確かめながら行うのがポイントです。

まず鼻から息を吸い、下腹部を8割くらいふくらませたら、一度呼吸を止めます。

その後、さらに鼻から息を吸い続け、限界までおなかをふくませたら、今度はゆっくりと鼻から息を吐き出します。

息を吐ききったら自然に息を止め、再び鼻から息を吸い始めて同じ動作を繰り返します。

息を吸い始めてから息を吐ききるまでの一呼吸は最低でも12秒かけるのがルールで、10回の呼吸を2分以上かけて行います。

深呼吸ダイエットを実践した方の中には、3週間で8.5kgの減量に成功した方もおり、正しい方法で実践すれば余分な脂肪を短期間で燃焼することができます。

丹田呼吸法

へその下にある丹田と呼ばれるツボを意識しながら行う呼吸ダイエットです。

まずへその下3~5cmのところにある丹田を意識し、下腹をできるだけふくらませながら鼻から息を吸います。

丹田に意識を置いたまま、鼻から息を吐き、下腹を凹ませていきます。

難しい時は口から吐いてもOKですが、吸った息はすべて吐ききることを心がけましょう。

まとめ・考察

呼吸法ダイエットは、無意識に行っている呼吸に一工夫加えるだけで楽に実践できるので、ダイエットにお金も時間もかけられないという方にうってつけの方法です。

代謝をアップして全身の脂肪燃焼を促せるほか、おなかまわりの筋肉を鍛えることができるので、ぽっこりお腹や下腹の出っ張りが気になる方にもおすすめのダイエット法と言えるでしょう。

ただ、呼吸法ダイエットには個人差が大きく、痩せたという人もいれば、まったく効果がなかったという人もいます。

腹式呼吸を意識するとおなかまわりがスッキリするという口コミは多いのですが、実際に大幅減量に成功した方は少数派なので、呼吸法ダイエットは単体ではなく、その他のダイエットと組み合わせて相乗効果を狙った方が効率的に痩せられます。

このページに関連するページ

その他の簡単ダイエット

このページの先頭へ