食べながら痩せるためのコツ・テクニック

食べながらダイエットとは、食事制限ダイエットにありがちな空腹感によるストレスを感じずに、気楽にダイエットできる方法のことです。

ダイエット=食べないというイメージを覆す画期的なダイエット法と言えますが、正しい方法で実践しないと、痩せるどころか、かえって太ってしまう可能性があります。

そのため、食べながらダイエットに挑戦する際は、まず食材や食べ方に対する知識を習得し、正しいコツとテクニックを把握してから始めるようにしましょう。

食べながらダイエットの方法

食べながらダイエットを成功させるためには、以下4つのコツとテクニックを取り入れることが大切です。

発酵食品を積極的に取り入れる

漬け物や味噌、納豆などの発酵食品には乳酸菌が豊富に含まれています。

乳酸菌には腸内環境を改善するはたらきがあるため、ダイエットの天敵である便秘の解消に役立ちます。

また、腸内環境が良くなると体力やスタミナがつくため、ダイエット中の体調管理にも最適です。

炭水化物を控えめにする

炭水化物は運動エネルギーを補給するために必要な栄養素ですが、摂取しすぎると脂肪が体につきやすくなり、肥満の原因となります。

そのため、ダイエット中はご飯やパンなどの炭水化物の摂取量を控えめにし、脂肪がつきにくい体作りを心がけましょう。

ただ、炭水化物をすべてカットしてしまうと、簡単に痩せられる反面、リバウンドのリスクが高くなってしまうので注意が必要です。

食べ方の見直し

早食いやながら食い、夜遅くの食事などを続けていると、脂肪がつきやすくなり、普通に食事する場合よりも肥満になる確率が高くなります。

そのため、まずは普段の食事の仕方を根本から見直し、太りにくい食生活を身につけることが大切です。

飲み物を変える

飲み物はお腹にたまらないのでつい大量に飲んでしまいがちですが、普段から砂糖たっぷりのコーヒーやジュースを飲んでいると、あっという間にカロリー過多になってしまいます。

そこで、日頃から習慣的にジュースなどを飲んでいる方は、ノンカロリーの水やお茶に変えるなど、飲み物の種類を変えてみることをおすすめします。

また、近年は脂肪の燃焼を促すトクホ飲料が数多く販売されているので、ダイエットに適した食事と一緒にうまく活用してみるとよいでしょう。

このページの関連ページ

食べながらダイエット

このページの先頭へ