ローカロリーフードで摂取カロリー減

ローカロリーフードとは、その名の通り、カロリーの低い食べ物のことです。

普通の食事をローカロリーフードに置き換えるだけで楽に摂取カロリーを抑えることができるので、ダイエットしている方の強い味方として重宝されています。

カロリーの少ない食材はいくつかありますが、中でも高い人気を誇っているのがこんにゃくやシラタキです。

こんにゃくとシラタキはともにサトイモ科の多年草「コンニャク」の地下茎(コンニャクイモ)を原料とした食品で、100gあたりのエネルギーはわずか6.9kcalしかありません。

そのため、カロリーを気にせず食べられるのはもちろん、食物繊維も豊富でデトックス効果も期待できます。

また、こんにゃくやシラタキは他の食品に比べて弾力性に富んでおり、かみ応えがあることから、食事中の満腹感も感じやすく、食べ過ぎの予防にも役立ちます。

ローカロリーフードの食材としては他にも、植物性タンパク質が豊富なおからや豆腐などが人気で、ネット上にはヘルシー食材を使った簡単レシピが豊富に掲載されています。

ローカロリーフードダイエットのやり方

ローカロリーフードダイエットのやり方は、手作りする方法と市販品を使用する方法の2通りにわかれます。

ローカロリーフードを手作りする

ローカロリーフードの代表であるこんにゃくやシラタキ、おから、豆腐はいずれもスーパーなどで気軽に手に入る食材であり、価格もリーズナブルなので、自宅でダイエットフードを自作する方も多くいます。

いずれの食材もさまざまな調理法がありますが、中でもダイエットフードとして人気が高いの高カロリー食品の代用メニューです。

パスタやラーメン、スイーツなどのメニューはカロリーが高く、ダイエット中の方には不向きと言えますが、これらの料理に使われる麺や小麦粉などの高カロリー食品をシラタキやおからで代用すれば、カロリーを大幅にダウンすることができます。

実際、シラタキをラーメンや焼きそば、パスタとして調理したり、おからを使ってクッキーやケーキを作るレシピは数多く存在しており、ダイエット中の食事制限のストレス解消に役立っています。

ただ、こんにゃくやシラタキは食物繊維は豊富であるものの、ビタミンやミネラルの含有量は低く、決して栄養価が高い食品とは言えません。

同様に、豆腐やおからも健康食とは言え、同じものばかり食べていると栄養が偏り、体調を崩してしまうおそれがあります。

そのため、ローカロリーフードを自炊する場合は、ただカロリーを削るだけでなく、栄養バランスを考えたメニューを取り入れる必要があると言えるでしょう。

市販品を利用する

ローカロリーフードは比較的自作しやすいレシピが多いのですが、自炊する時間のない方や、栄養不足が気になる方は市販のローカロリーフードを利用するのもおすすめです。

市販のローカロリーフードは非常にバラエティ豊富で、雑炊やスープといった定番メニューのほか、ラーメンやカレー、スイーツなど、通常なら高カロリーであるはずのメニューまでラインナップされています。

1食あたりのエネルギーは50kcal~200kcal前後と非常にヘルシーなので、朝食や夕食と置き換えれば、500kcal以上のカロリーカットを実現することができます。

また、市販のローカロリーフードは栄養バランスも考慮されている物が多く、自炊するよりも健康的にダイエットできるところが特徴です。

そのぶん自炊するよりもコストは割高になってしまいますが、作る時間を省きたい方や、栄養の偏りが心配な方は市販品を試してみることをおすすめします。

このページに関連するページ

置き換えダイエット

このページの先頭へ